近日刊行

完本 高橋亨京城帝國大學講義ノート
〈朝鮮儒學史編〉〈朝鮮思想史編〉

全2巻

【著者】
高橋亨(京城帝国大學名誉教授)
【編者】
権純哲 권순철(埼玉大学教養学部教授)

書名「完本 高橋亨京城帝國大學講義ノート〈朝鮮儒學史編〉」
体裁/A5判、上製、総1,350頁
定価/本体22,000円+税
ISBN/978-4-86691-307-0
刊行/2021年2月

書名「完本 高橋亨京城帝國大學講義ノート〈朝鮮思想史編〉」
体裁/A5判、上製、総600頁
定価/本体10,800円+税
ISBN/978-4-86691-308-7
刊行/2021年2月

本の内容

近代学問としての朝鮮思想研究の祖であり、京城帝国大学初代名誉教授であった高橋亨。その多大な研究業績は、敗戦後、帝国意識あふれる植民地官学イデオロギーの典型とされた。高橋のイデオロギーへの強い批判の一方で、語学から仏教、儒教にわたる比類のない業績は、未だ十分検証されていない。書籍化が少なかったこともあり、高橋の朝鮮研究の全貌は、講義ノートにのみ残されている。

世界の朝鮮研究に資する、幻の講義ノート60冊を2巻にまとめ一挙刊行!