2回配本

海外佛教事情 THE BIJOU OF ASIA 【復刻版】

全3巻
海外宣教会 和文・英仏文機関紙〈1888年〜1893年〉

【監修】
中西 直樹(龍谷大学教授)
吉永 進一(舞鶴工業高等専門学校)
【推薦】
赤松 徹眞(龍谷大学学長・本願寺史料研究所所長)
Brian Bocking(アイルランド、コーク大学教授)

体裁/B5判、上製、総約1,078頁
揃定価/90,000円(+税)
刊行年月/2014年12月〜2015年6月

本の内容

明治二十年代初頭、西本願寺の普通教校(龍谷大学前身校の一つ)に集った若き仏教者たちは、旧態依然たる仏教の閉塞状況を打開する道を模索して、海外へと眼を向けた。
欧米での仏教への関心の高まりが彼らの背中を押し、海外宣教会が組織され、世界各国の仏教者と緊密な交流を重ねて、海外布教を目指した事業が展開された。
やがて彼らの活動は、反動的な仏教教団勢力の前に挫折したが、世界的に見ても、民間レベルの国際交流がほとんど行われていなかった段階で、彼らの先進的取り組みの意義は、今も決して色あせることはない。
海外布教会の和文機関誌『海外佛教事情』と英仏文機関誌『THE BIJOU OF ASIA(亜細亜の宝珠)』は、そのことを伝える貴重な資料である。

配本概要

刊行年月巻数(収録号)ISBN価格
第1回配本2014年12月第1巻〜第2巻978-4-908147-22-760,000円+税
第2回配本2015年6月第3巻978-4-908147-25-830,000円+税