近日刊行
8回配本

台湾愛国婦人〈大正編〉 【復刻版】

全45巻
愛国婦人会台湾支部機関誌〈1912(大正元)年~1916(大正5)年〉

【解題】
上田正行(徳田秋聲記念館館長)
河原 功(一般財団法人台湾協会理事)
下岡友加(広島大学准教授)
田中励儀(同志社大学教授)
李 文茹(淡江大学准教授)

【推薦】
洪 郁如(一橋大学教授)
呉 佩珍(国立政治大学准教授)

【総目次作成】
佐藤未央子(淡江大学准教授)

体裁/菊判、並製、総約18,934頁
揃定価/396,000円(本体360,000円+税10%)
刊行年月/2021年6月〜2023年12月

本の内容

本誌は総督府の「理蕃政策」を詳細に伝える雑誌として史料的価値が極めて高い。
大正期に入り、御大葬や御大典の記事も大きく取り上げられる。
充実した文芸欄や、植民地での女性の暮らしの情報が誌面を彩る中、時代は第一次世界大戦へと突入する。
歴史を振り返るとき、疎かにできない台湾統治の記録!

【主要執筆者】

<作家>
饗庭 篁村
芦田  均
跡見 花蹊
安部 磯雄
生田 春月
生田 長江
井沢 修二
石川千代松
石川 半山
石橋 思案
泉  鏡花
伊藤左千夫
伊藤 忠太
井上 円了
今関 天彭
岩野 泡鳴
巖谷 小波
浮田 和民
江原 素六
内田 嘉吉
内田 魯庵
宇野 秋皐
海老名弾正
江見 水蔭
大隈 重信
大町 桂月
丘 浅次郎
岡本かの子
小川 未明
押川 春浪
尾島 菊子
嘉悦 孝子
梶田 半古
加納 抱夢
国木田治子
窪田 空穂
黒板 勝美
幸田 露伴
児玉 花外
後藤 宙外
小宮 豊隆
笹川 臨風
佐々木信綱
佐々 醒雪
佐藤 紅緑
志賀 重昂
島崎 藤村
島村 抱月
下田 歌子
鈴木三重吉
相馬 御風
高浜 虚子
棚橋 絢子
塚原渋柿園
津田 梅子
土屋 文明
坪内 逍遥
坪谷 水哉
戸川 残花
徳田 秋声
内藤 鳴雪
半井 桃水
新渡戸稲造
芳賀 矢一
長谷川時雨
鳩山 春子
羽仁もと子
広津 和郎
広津 柳郎
牧野富太郎
正宗 白鳥
真山 青果
三島 霜川
水野 仙子
三宅 花圃
三輪田真佐子
三輪田元道
物集 和子
森  丙牛
森田 草平
矢嶋 楫子
山路 愛山
与謝野晶子
与謝野 寛

<画家>
池田 蕉園
池田 輝方
石井 柏亭
石川欣一郎
上村 松園
太田 三郎
岡本 一平
鏑木 清方
小寺 健吉
佐野 貞雄
杉浦 非水
竹久 夢二
中沢 弘光
中村 不折
吉田  博

配本概要

刊行年月巻数(収録号)ISBN価格
第5回配本2021年6月全6巻978-4-86691-322-352,800円(本体48,000円+税10%)
第6回配本2021年11月全6巻978-4-86691-329-252,800円(本体48,000円+税10%)
第7回配本2022年4月全6巻978-4-86691-336-052,800円(本体48,000円+税10%)
第8回配本2022年9月全6巻978-4-86691-343-852,800円(本体48,000円+税10%)
第9回配本2022年12月全6巻978-4-86691-350-652,800円(本体48,000円+税10%)
第10回配本2023年5月全6巻978-4-86691-357-552,800円(本体48,000円+税10%)
第11回配本2023年9月全6巻978-4-86691-364-352,800円(本体48,000円+税10%)
第12回配本2023年12月全3巻978-4-86691-371-126,400円(本体24,000円+税10%)